北フィンランドのデザイナーズグループmainoaの活動
by mainoadesign
カテゴリ
全体
NEWS
はじめまして
デザイナー紹介
Irma Annanpalo 木製品
Terhi Vähäsalo 白磁器
浦田愛香 フェルト製品
イベント報告
Publication
Finlandの四季
お知らせ
Shop
à Terre (大阪福島)
鹽屋(shioya)
(京都三条)
Stone Field
(広島市佐伯区)

ネットショップ「北欧雑貨」
北欧雑貨

--------------------------------------
Publication
北欧スタイルNo.13
北欧スタイルNo.14
(エイ出版社より1260円)でmainoaDESIGNを紹介していただいています。
--------------------------------------

Aika Felt Works ブログもご覧ください。フィンランドの自然、フェルト製品のより詳しい情報など載せています。

以前の記事
2011年 02月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 02月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2007年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧
京阪神エルマガジンに記事が載りました
a0092531_1104544.jpg
a0092531_131626.jpg京阪神エルマガジン No.382 街の番記者(p148)のページで、mainoaDESIGN展についての記事を載せていただきました(展覧会は終了しました)。この記事をご覧になって来てくださった方も多く(関西以外の地方の方もいらっしゃってびっくり)、感謝しています。ありがとうございました。
事後報告で情けないですが。。。編集部のみなさん、ありがとうございました!
[PR]
by mainoadesign | 2007-01-20 01:17 | Publication
明けましておめでとうございます
a0092531_19432295.jpg

昨年はマイノアデザインにとって種まきの季節でした。今年は双葉に成長し、少しの雨風にはびくともしないような芽を伸ばしていきたいです。今年もよろしくお願いします。

テルヒ・ヴァハサロデザインのオードブルボウル。日本の展覧会での評価は二つに分かれました。『使い方が難しそう』 と 『ユニークでかわいい』 です。私の母は前者で、workroomのスタッフの方からは、「汁物を入れるにもナッツ類を入れるのにも仕切りが浅い」との声が。また、お伺いしたショップのマネージャーさんからは、「白い器は競争が激しく難しい」「日本の他の食器とのコーディネートが難しい」とのご意見も。。。

でも、私が最初に惚れ込んだこのボウル。
ならば私が盛り付けて使って、良さを伝えなければ。

フィンランドでは、食後のおつまみで、ワインのお供によく出されるチーズ。
他のお皿とのとり合わせは考えず、テーブルがきれいに片付けられた後、またはソファに移動してコーヒーテーブルにこの器が出された場合を考えました。

器が5つの小さな部分に分かれているので、盛り付ける食材も5種類必要。。。と用意しましたが、最初にサラダ菜などをひいてしまえば、意外にもその仕切りが気にならず、盛り付ける食材は3つでも4つでも大丈夫なのではと思いました。写真は料理が素人の私の盛り付けですが、いかがでしょうか。

サラダ菜の上に、ブロッコリーやプチトマト、きゅうりを散らしてサラダボウルにしてもよさそうです。その場合はお皿の波型の輪郭線だけが見えて、テーブルコーディネートに変化を与えてくれることでしょう。

韓国料理のナムルを盛り付けては?!というご意見もありましたが、フィンランドから韓国に私の頭は容易に切り替わりません。どどどうでしょうか。

和洋中韓、食がバラエティー豊かになった日本のテーブル。
フィンランド産のユニークな食器は日本の家庭にも馴染んでいくでしょうか。
[PR]
by mainoadesign | 2007-01-08 20:39 | Terhi Vähäsalo 白磁器
mainoa DESIGN展 終了しました。
大阪workroomと神戸cluetoにて開催していました展示販売会が、たくさんの方にご来場をいただき、無事終了することができました。ご来場くださった方々、ご協力くださった関係者各位、また応援してくださった皆様に心からお礼を申し上げます。

日本で初めての展覧会ということで緊張しておりましたが、このブログをご覧になり、はるばる遠方からお越しいただいた方々や、北欧やフィンランドに何らかの関わりや、ご興味をお持ちの方たちに会場に足を運んでいただいたり、また古い友人たちとの再会もあって、縁の不思議さや出会いの有難さを深く感じました。すれ違いでお会いできなかった方もいらっしゃり、失礼をしてしまい残念です。また次回必ずお会いしたいです。

会場を提供してくださったworkroomさんとcluetoさんには、考え得る限りのサポートを頂いて、お仕事を通して学ぶことが多く、私にとってこの展覧会は贅沢な勉強の場にもなりました。本当にありがとうございました。

まだまだ未熟な私たちmainoaDESIGNですが、これからもどうぞよろしくお願いします。

a0092531_7183237.gif

(私・浦田の日本滞在中、ブログの更新がほとんどできなくて、見に来てくださった方々には申し訳ない気持ちでいっぱいです。現在はフィンランドに戻っておりまして、また記事をアップしていきますので懲りずに来て下さいね。)
[PR]
by mainoadesign | 2007-01-08 07:32 | NEWS