北フィンランドのデザイナーズグループmainoaの活動
by mainoadesign
カテゴリ
全体
NEWS
はじめまして
デザイナー紹介
Irma Annanpalo 木製品
Terhi Vähäsalo 白磁器
浦田愛香 フェルト製品
イベント報告
Publication
Finlandの四季
お知らせ
Shop
à Terre (大阪福島)
鹽屋(shioya)
(京都三条)
Stone Field
(広島市佐伯区)

ネットショップ「北欧雑貨」
北欧雑貨

--------------------------------------
Publication
北欧スタイルNo.13
北欧スタイルNo.14
(エイ出版社より1260円)でmainoaDESIGNを紹介していただいています。
--------------------------------------

Aika Felt Works ブログもご覧ください。フィンランドの自然、フェルト製品のより詳しい情報など載せています。

以前の記事
2011年 02月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 02月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:Publication( 5 )
北欧雑貨『白夜と雪のクラフトじかん』記事更新しました
ネットショップ、北欧雑貨さんで連載させていただいてます、『白夜と雪のクラフトじかん』の記事を更新しました。今回はラップランドの春、フィンランド最北西キルピスヤルビへの撮影旅行、mainoa DESIGN SHOP誕生の話を書いています。どうぞごゆっくり、読んでくださいね。
a0092531_1737881.jpg
写真はそのキルピスヤルビのハイキング(5月末)から。今は雪も解けて夏の苔に覆われているのではないでしょうか。
[PR]
by mainoadesign | 2008-07-23 17:39 | Publication
北欧スタイルNo.14にmainoaDESIGNが紹介されています
a0092531_5363293.jpg1月24日、エイ出版社さんより『北欧スタイルNo.14』が発売されました。AikaFeltWorksのブログでもRovaniemiでの取材こぼれ話を投稿しましたが、前号No.13に続きこの冬の号では、さらにボリュームアップして取り上げていただいています。

アアルト建築を中心に、私や木工のイルマさんのRovaniemiの仕事場にも取材に来ていただいたのは昨年5月。初めての、そしてすごく楽しいコーディネート業でした。ライターさん、フォトグラファーさん、お忙しくしていらっしゃるだろうなぁ。。なんだかまたお会いしたくなってきました。
a0092531_540610.jpg
そして今回、私はエイ出版社さんのウェブショップであるsideriver(サイドリバー)さんとのコラボレーションでAikaFeltWorksとしてオリジナル商品を作りました。

高品質で人気のフランス産ブロックメモの定番「ブロックロディアNo.11」にぴったりサイズのフェルトのケースで、ペン挿しと切り取ったメモをキープすることのできるポケットが二つ付き、このポケットには名刺も入ります。

色はsideriverさんのチョイスですが、5色揃えてみると大人色のセレクトで唸りました。結局この色を揃えるためにフェルトの厚みは3ミリに。フィンランドで入手したとても質の良いウール100%のフェルトを使いました。ベージュのみ手触りがざっくりしていて毛羽立ちがラフな感じですが、ジーンズによく合いそうです。

フェルトは使っているうちに毛玉ができてきます(ウールのセーターと同じですね)が、シェーバーで髭を剃るように(笑)毛羽立ちをカットしていただければ美しくよみがえります。一人でも多くのフェルト好きのみなさんに気に入っていただければと思います。

書店で『北欧スタイル』を見かけたら、ぜひ手にとって見てくださいね。よろしくお願いしまーす!
[PR]
by mainoadesign | 2008-02-04 05:45 | Publication
北欧スタイルNo.13『mainoaDESIGN』が紹介されました
a0092531_2345931.jpg
先日の記事でもお知らせしましたが、「北欧スタイルNo.13」で『mainoaDESIGN』がp.110から4ページにわたって紹介されています。

昨日フィンランドの私の手元にも本が届きました。mainoaDESIGNのデザイナー、イルマ・アンナンパロ、テルヒ・ヴァハサロ、そして私 浦田のバックグラウンドについても詳しく書いてくださっています。次の冬号では私達それぞれのアトリエも紹介していただけるようです(私達も楽しみにしています)。さぁ、英語に翻訳して(フィンランド語でないのが情けないですが)彼女達にも見せてあげなくては!!

どうぞご一読くださいね。
[PR]
by mainoadesign | 2007-08-01 23:19 | Publication
北欧スタイルNo.13でmainoaDESIGNが紹介されています
a0092531_19123014.jpg北欧スタイルNo.13」(エイ出版社より1260円)で、私達mainoaDESIGNの3人がRovaniemiにあるIrmaの自宅に集まり、自分達のクラフト製品でテーブルコーディネートをしている様子が紹介されています。この時の取材の様子はAika Felt Worksのブログでご紹介していますので、こちらをご覧くださいね。

日本からエイ出版社のライターさんとカメラマンの方が取材にいらっしゃった今年5月、ここロヴァニエミはまだ冬の終わり、湖の氷が解けて間もないような時期でした。当時、夏に来ていただけたら、Irmaの家のガーデンにも緑があふれ、畑にも花が咲いてとってもきれいだっただろうに・・・なんていいながら、お料理を作って取材にのぞみました。Irmaは木工のデザイナーで、旦那さんは映画やミュージアムなどのために音楽を作曲しているアーティストカップルです。お子さんが二人いて、遊びに行くといつも元気な声が聞こえて、お仕事のミーティングなどは不可能(笑)そんな見慣れた彼女達の家が写真におさまって、皆様の目にはどのように映るのでしょうか。

私達はまだ出来上がりを見ていなくて、雑誌が届くのを楽しみに待っています。さてさて、どんな記事になっているのでしょうね。。。
[PR]
by mainoadesign | 2007-07-27 19:37 | Publication
京阪神エルマガジンに記事が載りました
a0092531_1104544.jpg
a0092531_131626.jpg京阪神エルマガジン No.382 街の番記者(p148)のページで、mainoaDESIGN展についての記事を載せていただきました(展覧会は終了しました)。この記事をご覧になって来てくださった方も多く(関西以外の地方の方もいらっしゃってびっくり)、感謝しています。ありがとうございました。
事後報告で情けないですが。。。編集部のみなさん、ありがとうございました!
[PR]
by mainoadesign | 2007-01-20 01:17 | Publication